ブライトマッチ 審査

ブライトマッチの審査は?高学歴だけではない審査基準

ブライトマッチ審査

 

高学歴が入口のマッチングサービス「ブライトマッチ」。
有るようで無かったサービスで、評判になっていますね。

 

高学歴男女限定マッチングサービス【ブライトマッチ】

 

 

「ブライトマッチに入りたいんだけど、審査ではどんなことやるの?」


 

「私の学歴だと厳しいかな?審査が通るか不安。少しでも審査をパスできるようにしたいんだけど...」


みたいな人の要望にお応えします。

 

本記事では、ブライトマッチの審査について書いています。

良かったら参考にしてくださいね。

 

 

 

ブライトマットではどんな審査が行われるの?

 

ブライトマッチは審査基準が厳しいので、誰でも使えるわけではありません。
相手だけでなく、自分も高学歴じゃないと登録できないからです。

男性は東大40%。ちょっとあり得ない世界です。

 

対象大学はこちらの記事を参照してください。
トップページの「ブライトマットの対象大学」

 

 

ブライトマッチの審査基準

  • 一流大学に在学・卒業している。
  • 東京近郊に住んでいる。
  • Fackbookアカウントを持っている。
  • 男性は24〜45歳、女性会員24〜39歳。

学歴や勤務先に加えて、安心して紹介できる人かどうかを基準で審査されます。

 

実は細かい審査基準は非公開になっています。
色々なサイトや利用者の情報を基に推測すると、以下のことに注意しておいた方が良いです。

  • 友人以外でも写真などが見れるような設定にしておく。
  • facebookに大学名や会社名を出す(大学名は絶対、会社名も一時的に出しておいた方が良いかもしれません)。
  • プロフィールなどに不潔や不誠実を臭わせる内容を書かない。
  • 可能ならば、入会前に友人数を増やしておく。
  • 登録時の自己申告内容とFacebookの個人データの整合性をとる。

 

ブライトマッチの審査はスタッフが手作業で、入会希望者のfacebookを確認します。
不審な点があったり、学歴があっても年収に不安がある場合は審査に通りません。

 

 

ブライトマッチの入会審査期間

ブライトマッチの審査期間は、基本3日以内です。
本当に高学歴か、しっかり審査されます。
入力内容に不備があるときは、もっと時間がかかるので注意してください。

 

合格者は、通常3日前後でメールで連絡が来ます。
不合格の場合は通知されないし、理由も公表されません。

 

 

 

ブライトマットの審査・登録〜マッチングまでの流れ

ブライトマッチの入会フロー

 

実際に登録はFacebook経由で簡単にできます。
プロフィールを入力し、審査結果を待つだけです。約3分。

 

  1. 支払い情報を入力する。
  2. 年齢確認書類をアップロードする。
  3. お相手を紹介してもらう。
  4. 相手のプロフィールを確認し、日程調整。
  5. デート候補エリアを選択する。
  6. メッセージ交換する。
  7. デートする(ランチデータがオススメ)。

 

 

ブライトマッチの紹介条件

ブライトマッチの紹介条件は、以下の通りです。

  • fackbookの友達以外。
  • 勤務先の会社以外
  • 男性の年齢が女性の年齢の−2〜+5歳(目安)

 

同じ会社の人を紹介されたらどうしょう、間違って友達が紹介されたら嫌だなという方でも心配いりません。

 

男性や女性で10歳以上離れた人が良いという場合は、他のマッチングアプリを利用してくださいね。


 

 

 

まとめ

ブライトマッチの審査基準は、意外に厳しいです。
それだけに一種のステイタスだし、ちゃんとした相手を紹介してもらえます。

チャンスは最大限に利用しましょう!!
始めないと、出会いはありません。

 

高学歴男女限定マッチングサービス【ブライトマッチ】